【がっちりマンデー!!】焼きテック、個電、先回り家電から考える器用貧乏の生き方

ガッチリポーズのイラスト画像 日々の出来事

2021年9月26日放送の『がっちりマンデー!!』は『家電業界の最新儲かりキーワード』がテーマ。

次回放送の時にチラッと映った家電が気になって放送に先駆けて調べてみたのですが、そこから『専門性』というキーワードが見えてきました。

それに気づいた時、「自分はどうやって生きていけばいいんだろう?」と不安に感じたので、その辺りを今回は書いていこうかなと。

ですが、まずは『家電業界の最新儲かりキーワード』の放送回で紹介の商品をチェックしてみましょうか^^

※まだ放送前の情報なので、紹介している家電は間違っている可能性があります。正しい情報は次回放送で確認しましょう(*´▽`*)<ショウショウオマチヲ-(間違った情報は後程訂正いたします)




『がっちりマンデー!!』のテーマは『家電業界の最新儲かりキーワード』

『がっちりマンデー!!』で『家電業界の最新儲かりキーワード』がテーマになっていたのですが、そこで浮かんできたキーワードとして『焼きテック』『個電』『先回り家電』『宅飲み家電』『いやし家電』という言葉。

その中で、『焼きテック』『個電』『先回り家電』は予告の段階で商品が映っていて、「どんな商品なのかなー」と気になったので調べてみました。

※あくまでも私が商品を観て調べただけなので、別の商品も可能性もあります。

『焼きテック』で紹介!テスコム『低温コンベクションオーブン』

『焼きテック』で紹介されていたのはテスコムの『低温コンベクションオーブン TSF601』。

ちなみに、『テック』は『技術(tech)』ってことですね。

つまりは焼く技術が優れたオーブンと言うことが言えるでしょう。

テスコムはドライヤーとか美容家電に強いイメージがありましたが、調理家電にも優れた商品があるですね(゜.゜)

詳しくは販売サイトから確認していただければと思いますが、最大の特徴は『コンベクション』でしょう。

『コンベクション(convection)』は『対流』という意味。

熱風によって食材を加熱するコンベクションオーブンで、庫内の温度を均一に加熱することが可能で、ムラなく焼き上げることが出来るとの事。

そうと分かるとドライヤーの熱風の技術をオーブンレンジに応用して、人気商品を生み出したのかな?と予想できますね。

created by Rinker
¥19,580 (2021/10/27 06:04:31時点 楽天市場調べ-詳細)

『個電』で紹介!ドウシシャ『折りたためる洗濯機 WMW-021』

『個電』で紹介されていたのはドウシシャの『折りたためる洗濯機 WMW-021』。

『個電』はコロナ流行後の世の中でチラホラ聞く言葉でしたか。

意味はそのまま『個人用の家電』のことで、「家族で全員で使う家庭用家電から個人用家電の需要が増えて来たよー」という時代の流れが生まれたわけですね。

ライフスタイルも変わりましたからね。

『宅飲み家電』として人気になった「せんべろメーカー」などはまさに『個電』を代表する商品でしょう。

created by Rinker
¥5,980 (2021/10/27 06:04:31時点 楽天市場調べ-詳細)

ドウシシャの『折りたためる洗濯機』も『個電』を代表する商品。

まさに超小型の洗濯機で、タオル・下着・マスク:子供服やペット服など、ちょっとしたもの洗濯をしたいときに便利ですね。

これがあれば、「なんでお父さんのパンツと一緒に洗濯するの!」という娘の暴言や「なんであんたが汚した靴下を私が洗わないといけないの!」という母親の嘆きの声は消えるかもしれません。。。

「こんなの需要あんのかなー」と最初は思いましたが、家庭環境によっては必須の家電かもしれないなー。笑

『先回り家電』で紹介!LOAD&ROADの『teplo スマートティーポット』

『先回り家電』で紹介されていたのは『teplo スマートティーポット』。

『先回り家電』はいわゆる「IoT(Internet of Things)機器」で、アプリと連動して遠隔操作したり、生活の質を高めるものでしょう。

例えば、外出中にエアコンの電源を入れたり、ペットのご飯を準備する自動給餌器とかがイメージしやすいかな?

ウェアラブル端末で健康状態がわかったり、スマホで家のカギの開け閉めができるとかもありますね。

今回紹介されたLOAD&ROAD『teplo スマートティーポット』はスマホと連動して好みのお茶を自動抽出してくれるティーポット

お茶の種類をアプリのデータベースから選択するだけで、最適な抽出温度や時間などを自動で決めてくれるようです(*´Д`)<スッゲー

その日の気分や体調に応じて抽出条件を調整することで、今の自分に最適なお茶を提供。

まさに『先回り家電』といった商品ですね。

>>teplo スマートティーポット公式サイトへ

『家電業界の最新儲かりキーワード』に共通するのは『専門性』

さて、『家電業界の最新儲かりキーワード』からここでは3つの商品を調べてみましたが、ここから共通するものが見つかったと私は感じています。

それは『専門性が高い』ということ。言い換えれば『何かしらの強み』を持っていると言えるかなと。

テスコムの『低温コンベクションオーブン』は『加熱の対流技術』。

ドウシシャの『折りたためる洗濯機』は『小物用の洗濯機』。

LOAD&ROADの『teplo スマートティーポット』は『お茶の抽出技術』にそれぞれ強みがあります。

何か一つでも一芸に秀でたものを持っていれば、それが今の時代のニーズと合うから人気が出るのかなと感じますね。

現代社会も『専門性』が高い方が強い

ここまでで「家電は専門性が高い方がニーズがあるよ」という事がわかったのですが、それは社会に範囲を広げても同じかなと。

今は「何か一つでも強みを持っていれば、それだけで飯が食える時代」だと思います。

イラストが描ける人、動画編集ができる人など技術を持った人はもちろんですが、突出した能力がなくても『キャラクター』があれば生きていけるんじゃないかな?

それはYouTubeやSNSなど『個人レベル』で強みを発信できるから。

だからこそ『専門性』とか『何か一つ得意なこと』が大事だし、しばらくはその時代は続きそうかなって気はします。

器用貧乏な自分はこれからどう生きていけばいい?

『専門性』が高い方が現代社会では生き残りやすいことは分かっているのですが、私にはコレと言った強みがないんですよね。。。

没個性的な人間って言うのは一寸法師の読書感想文でも書いていました。

一寸法師のあらすじと読書感想文。個性と教訓のお話。
第7回は一寸法師の読書感想文を書きました。 昔話を選ぶのは気まぐれなのですが、このタイミングで一寸法師を選んだから感じた感想文になったような気がします。 M-1グランプリはネタ順が漫才師のスタイルと噛み合うとドッと盛り上が(゚∀...

「自分の強みってなんだろうなー」とヒントを探すためにネットで検索をしていたら、『器用貧乏』って言葉を目にしたんですよ。

『器用貧乏』がどんな人かってのを調べていくと、「俺だいたい当てはまってるなー」って。笑

この瞬間、初めて自分が『器用貧乏』だと知りました。

ちなみに、今まで気づけなかったのは別に平均点は高くないからかな。

『器用貧乏』って言うと何でも80点くらい取れるイメージですが、私はどれも50~60点くらいは取れる感じなので、『器用』とは思っていなかったです。

・・・それってただのダメなヤツじゃないか?(;゚Д゚)<オイオイ

まぁ便宜上、私は『器用貧乏』としておきますが(笑)、急に「あれっ?そういうヤツって生き残れなくない?」って感じてきました。

組織で仕事をするなら『器用貧乏』なヤツがいた方が、俯瞰で見れるとか長所はありますが、私は個人で仕事するのがほとんどなので、強みが活かされていないなって。

えーっとじゃあ、、、俺、どう生きていけばいいの?笑

良い機会なのでちゃんと自分と向き合って考えてください。

しっかりとした目標を立てる

『しっかりとした目標を立てる』のが一番効果的ですか。

成功例で言うなら『ピアノ』ですか。あの伝説のブログ『ピアノ未経験者Yujiの備忘録』では「ケツメイシの『さくら』をピアノで弾けるようになりたい!」という目標があったから、ピアノ経験ゼロからあそこまでやれたと思います。

しっかりとした目標を掲げて段階を踏んでいけば、自分はどんな事もそこそこやれるのかもしれないですね。

そうなると目標の決め方みたいなのが、私にとってはすごく重要なのかな。

この辺りは別の機会で向き合って考えた方が良さそうですね( ..)φメモメモ

「さよならピアノ未経験者Yujiの備忘録」~引越先はコチラですか?~
私は楽器を習ったことがないのですが「大人になってからピアノを始めても弾けるようになるのか?」という実験をしたくて『ピアノ未経験者Yujiの備忘録』というブログを立ち上げ、YouTubeに動画を記録していたのですね。 けれども、目標を達...

一芸を見つける

今の時代が『一芸』を必要としているなら、自分も『何か一つ』見つける必要があるでしょう。

ただ、コレばっかりは見つけようとして見つかるようなもんじゃない気はしてる。

気づいたらハマってたみたいなのが、自分には合ってるかな?

幸いいろんなことに興味を持てるし、初見で良し悪しを判断するタイプではあまりないので、懐を深く、機を待ちましょう(`・ω・´)b

まとめ

『がっちりマンデー!!』の予告から自分の器用貧乏に気づかされるとは思いもしませんでした。笑

こういう感覚って自分では強みだと思ってはいるけれど、たぶん伝わらないんだよなー。

それを繋げる作業みたいなのはしていかないと、俺みたいなのは淘汰されるでしょう。

かといって、シンプルで分かりやすい方にシフトしたいかと言われたら、それは…ちょっと考えたいかなー。

こういう風に振り切れないところが、100点を取れない原因なんだろうね。笑

器用貧乏だねー(*´з`)




コメント

タイトルとURLをコピーしました